日焼けした女性のうで
消費者庁・東京都・及び業界団体の日本セーフティ・タンニング協会の3者は、外部の有識者等を含めて医学的な根拠に基づいた安全基準を2010年に策定しています。

安全基準ではタンニングマシンを利用できない人として

16歳未満の人
妊娠中や、妊娠の可能性のある人
同じ日に、前もって日光浴をした人
抗生物質、睡眠薬、抗うつ剤、ピル、水虫薬、湿布薬を使用中、及び使用直後の人
飲酒後、体調不良、睡眠不足の人
を挙げています。

出典 フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」